12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-04-23 (Mon)
13日の検査結果が届いてた。

(クリックで拡大)


img002-2.jpg

img003-2_2018042318312283f.jpg


いいじゃないのー。
BUNも戻ってきてるし、アルブミンも下がってない。
ご飯増やしてるから、あとは体重1キロ増えればバッチリよ。

元気でいてくれてありがとう。




| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2018-04-13 (Fri)
ろずの狂犬病その他もろもろで、本日は病院。

その前に軽く散歩と排泄タイムをかねて〇エレへ。
オジロのとこまで行く時間はないので、近場の水鳥が見られれば―・・・と淡い期待。

淡い期待はとても淡かった。
IMG_8650-2.jpg

なんせこの距離。
IMG_8654-2.jpg


かろうじて、右端がオオバンってのはあってると思う。
IMG_8670-2.jpg

オオバンの横にいるのは頭が白いからヒドリガモかなぁ?
IMG_8677-2_20180413185052101.jpg
左のは特徴が全く判別できない

楽しくなさそうなろず。
IMG_8662-2.jpg
背景はとてもきれいなのに。


待合室で。
IMG_8682-2.jpg


診察して、欠けた歯に変化がないことを確認。
狂犬病と、前回気になったBUNの低下も含め、いつもの血液検査。
前脚から採れなかったことがあるので、今日は最初から首。
結果は出次第郵送してくれる。

最後に抗体価検査したのが2016年の夏なので、そろそろ検査したほうがいいのかなと聞いたら、来年打てばいいんじゃない?と。
今までの検査結果から、ろずは3年毎で良さそうな感じ。

体重が、げげっ。11.7キロー。
おかしいなぁ、減らしたつもりないのに。
冬は落ち気味なのでちょくちょく計ってて、2月末には12.4キロだったんだよね。
いい調子、と思ってたのに。
微妙にトッピングの肉や魚、それとおやつの回数が減ってたか。
「あーあー、またアルブミン下がっちゃってるかも~(笑)、減らさないようにしてね。」と釘を刺される。


それから右前脚と同じような、血マメのようなイボのようなもの。
左わき腹(11月確認)とおでこ(1月確認)の2ヵ所にできてた。
最初気づいた時は、平たくて地肌と同じ色なので、グレースにもできてた皮脂のかたまりのようなもの?と思ったが、ある時2か所とも血マメになった。
もしや右前脚と同じものか?と、4月の検査前に一度診てもらうつもりだったのに、何故か2月にどちらもなくなっちゃったのだ。

傷だったの?
でも最初は間違いなくどちらも、地肌と同じ色だったんだよー。
脇腹のは、タイ米のような長細い形。
おでこのは日本米。

ぐっちゃんの時、同じようなのを針生検したら、皮膚の組織しか出なかったんだよね。
それに似てると思った。
なんでそれが血マメになるのかなぁ。

脇腹のは、触った時にぼろっとかさぶたのようなものがはがれて、え?と思って見たら、もうなんにも無くなってた。
おでこのは、いつ無くなったのかわからない。
いくら探しても痕跡が見つからない。


まぁ、無くなったんだからいいんだけど。
先生も、「おそらく皮脂だったんだろうけど、無くなったならいいよねー」と。
そうだよねー、無いんだもんねー。
ただ、ろずはこういうのができやすい体質なんだろうな。


予防注射に血液検査、フィラリアとエキノ、関節のサプリも6ヶ月分。
いろんな貯金箱からかき集めて持ってったので、細かくて申し訳なかった。(;^_^A

今回の結果で心配なことが無ければ、次回は6か月後に定期検査。



そして~。

自主規制。(笑)


ホルマリン漬けにしてたろずの子宮と卵巣。
もともとは、真空パックみたいのにきれいに広げてホルマリン入れてくれてた。
去年、そのパックが膨らみ始めて、水分も無くなってきちゃって。(時々見ては「よしよし♪」とほくそ笑んでた←ちょっと変人っぽい・^^;)

聞いたら、やっぱり密封できる容器がいいかなーってことになり、今日新しいものにしたのだ。
ほんとはホルマリンも時々新しいのにした方がいいらしいので、たまに取り変えてもらうことにする。


見て、先生「わー、きれいだなー。」と自分の技を褒めたたえる。(≧∇≦)
そして「もうこんなにきれいにできないなぁ。」って。
「もうね、大変なの年とると。4時間なんてほんとタイヘン。手術は2時間までってことに・・・(笑)」


私より若いんだけど、どうやら年齢を感じてるらしい。^^;
確かにね、獣医さんって重労働だよね。
でも、ろずが生きてる間は引退されちゃ困りますー。
| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2018-01-29 (Mon)
今日も寒いー。
丈んちのお庭で遊ばせてもらう前に、うちの庭で〇んちさせてから車に載せようとしたのに真っすぐ風除へ。
寒くて家に入りたかったらしい。

丈んちに行ってもやっぱり足が冷たくて遊べない。
気温は-6度。
風がなくて人間はそれほど寒さを感じなかったけど、素足のろずには厳しかった。
でも今日の最高気温は-5度なのよ。
明日も今日と同じようなもん。
これじゃ外に出られないー。

昨夜の雪が屋根から落ちていた。
この音がものすごく怖いらしく、人がいるとしないけど、ひとりでいるとトイレをかきまわす。
今日も帰ってきたら、こんなんなってて。


〇んちじゃなくて良かった。
んー、このボロボロ感は手でやっただけなのかなぁ。
口に入ってたらやだなー。



ろずの右前脚のイボ。
見た目は血マメ。
それが潰れてはまた血マメになって、という状態を繰り返す。
先生はちっちゃいうちに取っちゃった方がいいと言うが、大きさがあまり変わらないし麻酔を避けたくて、
大きくなったら、とか、何かのついでにでもできれば、と様子を見てる。
これができたのは、ろず3歳の時。


去年の11月、頭にちっちゃいイボを見つけた。
皮膚と同じ色で、ちっちゃくて、グレースにもいくつかあったものに似ている。
ちょくちょく大きさをチェックして、変わらなければ次回4月の病院の時に診てもらおうと思った。

そして今年の1月、左の脇腹あたりに、頭のよりはほんのちょっと大きめのイボを見つけた。
これも皮膚と同じ色で、薄っぺらいもんだから、見つけたと思っても指をはなすとまた見失ってしまう。
ちゃんと場所わかるようにしといて、これも4月ね。

と思っていたのだけど、3日くらい前、その脇腹のを探していたらかさぶたのようなのが浮いてきてた。
あれ?イボじゃなくて傷だった?
いや、これも血の塊のような粉末のような。。。
うーん、皮膚を見るとかさぶたがとれた痕のようにも見えるが、またその下から何かが出てきそうな気もする。
もう一回よく見ようと思ったのに、どこにあるかわからなくなってしまった。
ちょうど伸び縮みするところで、ろずの体勢によって場所がかなり変わって探せない。

そして頭もチェックしたら
IMG_5529-2_201801291827456fb.jpg

あれー、こっちも血マメみたいになってるっ。
頭のも脇腹のも、前脚のと同じもの?

前脚のは今こんなん。
IMG_5534-2

おっきく思えるが、これがまたガサガサっと取れる(潰れる)と小さくなって、それからまた大きくなっての繰り返し。

困ったなぁ。
4月まで待たずに、一度診てもらおうかなぁ。

グレースが皮脂の塊のようなイボができ始めたのは、もっと年齢いってからだったんだよね。
全部白っぽいもので、はっきりしないのは検査で悪いものではないことを確認してた。
ろずのこれは、検査に出しても血液ばかりでおそらく結果が出ない。

2月の休みの日に予約取るか。

| ローズが教えてくれたこと。 | COM(2) |
2017-11-15 (Wed)
こないだもちょっと書いたけど、
土曜日、ろずの歯磨きしようとお口あ~ん♪させたら、

げっ。
IMG_3719-2

歯ぁ割れてる~、歯髄見えてる~~
歯の先だけ欠けたんじゃなくて、横から薄く、斜めに無くなってるよー。


抜歯より埋める方が一般的かと思ってたんだけど、
昨日診てもらったら、埋めたとしても結局は殆どが抜歯になるらしい。

選択肢。
IMG_3716-2

1番のセメントで埋めるってのは、歯の専門医を紹介してもらって、の話。
欠けてすぐならうまくいくらしいのだが、埋めるまで写真撮ったり何度も消毒したりで、麻酔をかける回数も多い。
それに、埋めても見えないヒビがあったりやっぱり菌が入りこんじゃって、せっかく埋めたのが取れて抜歯、というパターンがとても多いと。
因みにこれまで先生が紹介した子達は、結局全頭抜歯になったそう。

(「やってもいいんだよ~、それで成功したら僕の経歴の中に、埋めて成功した子がひとりいる♪ってのがつくんだよ~」だって。(^-^;)
「えー、先生んちの子でやればいいじゃんっ」って言ったら「うちのこはやらない。」だって。ヾ(^m^;)オイオイ)

この選択は現実的じゃないとして排除ね。
2番の抜歯か、3番の「様子を見る→いずれ抜歯」のどちらかだね。
どうせ抜歯するなら、さっさとしちゃった方がいいのか、それとも少しでも温存しといたほうがいいのか。

私は、歯は大事だから抜かない治療があるならまずそれで、
でもこれは沁みて痛いだろうからすぐ抜いたほうがいいって言われるんだろうなぁと思ってたんだ。
が、どうも犬は、それほど(または全然?)痛くないらしいのだ。
痛みはあっても気にならない程度なのか。
人間ならすごく痛いと思うんだけど、感覚が違うのかな。
確かにろず、気にしてる様子は全くないし、ごはんの食べ方もいつもと変わらない。

じゃあ3番の、様子見て腫れたら抜歯かな。

腫れたらもちろん抜歯だけど、中にはずーっと腫れない子もいるんだって。
ただ、免疫力下がったりすると腫れてくるから、遅くても10歳までにはした方がいいらしい。
年齢が上がると麻酔も高いの使うから、その点でもね。

よく聞く「ほっぺたが腫れちゃって、歯が原因なの」ってのの図。
IMG_3714.jpg

まさにこれ。
左の上顎第四前臼歯。
ろずの顔と差し替えてもいいくらい。(笑)

裂肉歯でもあるので、あったほうがいいんじゃないかと思うのだが、
「無くても全然大丈夫、野生で生肉噛み切れないと生きてけないっていうなら別だけど」。

ろずが痛みを感じてるように見えないこと。
無くても問題ないこと。
5歳なので、考える時間はあること。

などから、3番の「様子を見る」でいくことに。

ただし、毎日ほっぺや歯茎のチェックをして「腫れたらすぐ抜歯」。
でも、腫れる前に抜いちゃってもいいつもりでいる。
歯の菌って怖いもん。



ところで、歯が欠ける原因。
「硬いものをかじったから」よりも、「咀嚼する時にかかる力で歯がねじれることで起きる」というのを、アメリカの歯の専門医が言ってるんだって。
それ聞いて先生、「僕、硬いもの齧ったでしょ?って今まで嘘ばっかり言ってたんだー」って。
もちろん硬いもの齧って欠けることもあるけど、柔らかいものを齧っても歯はねじれて欠けるということらしい。

ろず、もともと齧るのヘタだからなぁ。



ついでに覚書。

前回の血液検査で今までと違う値が出てたことについて。

先生が気にしてたのは、私が「ん?」って思ったのと違い、
今年の春までは変わらなかったBUNが、10月にいきなり下がってること。
正常範囲内なので、特に心配ってほどではないんだけど。

一番考えられるのは食事。
で、「フード替えた?」と聞かれた。

替えてはいないんだけど、思い当たることがある。
夏ごろから、いつものフードに少量ずつ別のフードをくわえてたの。
もしかしたらそれが肝臓に負担をかけてるのかもしれない。

でも、ちょうど無くなるところなので、そしたらいつものフード(とトッピング)だけになる。
次回、春の検査まで4カ月くらいあるから、その時元に戻っていればフードが原因、
戻ってなければ別の理由があるということね。
| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2017-10-30 (Mon)
今日はこ―ちゃんの病院がお休みなので面会できず。
そのあいだに18日の、ろずの検査結果を載せておこう。

(クリックで拡大)


img002-2

img003-2


んー、どう考えたらいいんだろ。
血液作ってる最中?
なんかあったら連絡くることになってるし、その電話が来ないってことは心配しなくていいってことなんだけど。

心配しないでおくか。



ひめずらんの写真、まだ手がつけられず。^^;
みんなが忘れた頃のアップになりそう~~

| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |