12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-08-31 (Thu)
秋祭りののぼりを見かけるようになった。
コンビニには「おでんはじめました。」の文字。

8月も今日で終わり。
もう1年の3分の2が終わっちゃったのねー。
影も長くなってきて、大好きな秋だけど少しさびしい。
最近のろずレミも、犬の数が足りなくてさびしい。

こないだ、「ララシドは外に出たらどうなるの?」って聞いたら
「多分かたまって歩かないと思うー」とか言ってたんだけど・・・




IMG_9613-2

IMG_9616-2


そうなの、本日はララシドも一緒。

もう、ろずが喜ぶ喜ぶ。
IMG_9620-2
シャーってされても気にしない。

なかなか降りてこなかったけど、最初に出てきたのはやっぱりララ。
IMG_9679-2

シドは慎重派。
IMG_9692-2

ララを探すろず。

ちょっとおばかさん。

レミが遊びに誘っても、
IMG_9633-2

ララシドが気になって乗りきれない。



何度も(ララシドが乗ってる)車の周りをうろうろ。
IMG_9631-2


仔犬の面倒を見るのと同じ気持ちなんだろうか?
群れの仲間としてそばにいないと危険、とか、本能がそうさせるのか。
IMG_9659-2


奥の方を散歩してても、先に戻ってしまう。
IMG_9668-2

面倒みたい気持ち?



ちょこちょこレミとも遊んでたんだけどねー、
IMG_9663-2

レミがふごーっふごーっって激しくて
IMG_9665-2

ろず、なんとなく怒り気味。(笑)
IMG_9701-2

そのへんわかったのか、レミの方から口を寄せてった。
IMG_9728-2


IMG_9688-2
レミごめんねー、ろず、ずっと気もそぞろだったもんね。


初めて会ったわけでもないのに、どういう感情なんだろうなー。

何気に4ショット。
IMG_9686-2



ここからはマイブーム(笑)の ダイジェスト版で。

IMG_9629-2.jpg

IMG_9654-2

IMG_9660-2

IMG_9720-2

IMG_9727-2

IMG_9700-2

IMG_9716-2
お花みたい

IMG_9717-2
秋の気配。

| 未分類 | COM(0) |
2017-08-28 (Mon)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 未分類 |
2017-08-26 (Sat)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 未分類 |
2017-08-25 (Fri)
先日、ステフが産んだ赤ちゃんを見に集合ー。



1カ月過ぎて、大きい子は大きく、小さい子は小さく(笑)元気に育ってる。
性格もすでに違いがわかる。
IMG_3612.jpg

ちっちゃい歯♪
IMG_9163.jpg

あくび~。
IMG_9195.jpg

戦い。

こうやっていろんなことを学んでいく。


冒険開始。
IMG_3607.jpg




ちょっと気になるけど、なんでもないことにするタイプかな。(笑)




離乳食
IMG_9214.jpg

食べたあとだんごになってお昼寝。
IMG_9225.jpg
仔犬は寝るのも起きるのも一瞬。

IMG_9231.jpg


きゃぴきゃぴしてる子やまったり慎重な子。
それぞれにあったところで可愛がってもらえるといいね。

IMG_9199.jpg

IMG_9206.jpg

あ、みんな行っちゃう前にろずと遊ばせてね♪
1匹はろずのおもちゃに残してくれても可。(笑)

| 未分類 | COM(6) |
2017-08-24 (Thu)
6月には真夏の暑さになり、
お盆の前には「もう夏は終わった」説が飛び交うくらい涼しかった今年。
ここにきて、なんだか暑い。ムシムシ暑い。

こないだの、木陰のある公園散歩写真。

全然そろわない3頭。

丈は出だしからビビりまくりだし、ろずはカメラ目線くれないし。
IMG_9142-2

「こっちだよ」とか、私にいろいろ言われるとキョドっちゃうのか。
IMG_9148-2
ろず、簡単なようで難しい。


胡桃が大きくなってた。
IMG_9137-2

そろそろ涼しくなって欲しいよー。


| 未分類 | COM(0) |
2017-08-22 (Tue)
19日の夕方はこちらへ。

20170820遺伝病講演会IMG_3596-2

奈良から今本先生がいらして2時間たっぷりとお話をしてくださいました。
(この講演会は、先生とアノンちゃんのお父さんとの御縁で開催されたものです。
こういった機会をいただけたことに感謝。ありがとうございました。)

会場で、思いがけず何人かの知り合いにも会えました。
(終わったあと声をかけられるまで、目の前の席に座っていた知り合いに全く気付かなかった・笑)
あと、もしかしたら会えるんじゃないかしら―。とちょっと期待してた方はいらしてなくて残念。
いつかどこかで会いたいんですけど。


公園の内容ですが、かなり広範囲で「遺伝病ってこういうもの、こんなにあるんだよ」というお話をされていました。
基本と言えば基本ですが、最近は遺伝疾患から頭が離れ気味だったので、脳みそ活用するいい機会だったと思います。^^;

そうなんですよね、発症犬が出た時はけっこう「わー」っと話題になるのに、その内遠のいてしまう。
私も新しい情報がない限り書く内容は同じになってしまうので、もうずいぶん長いことNCLについて取り上げていません。
書いても変わんないなーって気持ちも実際あり、
話題になるたびに、また同じことが、なんで今更、とマイナスな方向に気持ちがいくのも事実。

つまり、結局変わってないんだなー。


先生の示された発症犬のデータは2008年までのものでしたが、昨年も亡くなっている子がいるそうです。
(その時に回りの関係者はどう動いたか、繰り返さないための措置が何か取られたのか聞けば良かった。そこ大事なのに。)



一昨日からどう書こうかと、書き始めては手を止め、文字を消し、また書いては消し、の繰り返しでした。
グレースのキャリア判定(実際はクリア)を受けて以来、NCLを無くすための方法とか考え方とか、素人なりに考えてネットにあげていたのだけど、10年以上経った今も、書けることは同じ。

どういう繁殖でアフェクテッドやキャリアが出るか、
NCLの遺伝形式は10年経とうが変わらないわけで、つまり科学的な解決方法も変わらないのです。
出現させない方法がわかって、その為の検査法もできているのに、
10数年経っても無くならないのは何故でしょうね。

ほぼあきらめてるけど、あきらめたと認めたくないので(溺れる者は藁をもつかむ状態・^^;)
昔の記事からみっつ、ピックアップしてみました。

2010年3月31日 遺伝病講演会を終えて

2010年11月9日 発症犬を出さないために

もうひとつ、遺伝の仕組みをできるだけわかりやすくまとめようと書いた記事を、この下にそのまま載せておきます。

純血種を求めた以上、彼らについて「知ること」も飼い主の責任であり愛情であると思います。
知ることの第一歩、きっかけのひとつにでもなればと願ってます。


                 



2014年7月26日 【ボーダーコリーのCL症(NCL)発症犬を出さないために】


 今まで何度も取り上げてきたCL症ですが、
最近になってボーダーコリーと暮らし始めた方、今までCL症という病気にあまり馴染みのなかった方たちに、この病気を理解してもらうために記事を書くことにしました。
できるだけわかりやすく簡単に、要点をまとめたいと思います。

簡単にと言いながら前置きさせてもらいますが、
CL症は、あっという間に根絶できる病気です。
繁殖に気をつければCLを発症する犬を生みだすことはありません。


日本でボーダーコリーの発症が確認されてから、もう10年以上が経ちます。
日本で検査が受けられるようになってからは8年です。
なのになぜ、今でも発症する子が生まれているのか。
この点を考える手助けになるといいなと思います。





【CL症は遺伝病】

単一遺伝病(メンデル遺伝病とも言う)であり、常染色体劣性遺伝という形で受け継がれます。
環境要因には左右されません。


【CL症はボーダーコリー特有の病気か】

違います。
日本で最初に発症例が見つかったのはチワワで、ほかにジャックラッセルテリア、サルーキにも見つかっています。


【遺伝子検査の結果を理解する】

検査結果はクリア、キャリア、アフェクテッドの三つに分かれます。
クリアは、その遺伝子を持っておらず、
キャリアは、持っていますが表に出ることはありません、保因するのみです。
アフェクテッドが、発症です。
キャリア犬が発症することはありません。


【発症犬(アフェクテッド)はどうして出るのか】

キャリア×キャリア、つまりキャリア犬同士の交配によって出ます。
しかし、生まれた子達全員がアフェクテッドではありません。

クリアを○○、キャリアを○●、アフェクテッドを●●、と考えてみてください。

4分の1の確率で発症する(アフェクテッド)子が生まれ、
4分の1の確率で変異遺伝子を持たない(クリア)子が生まれます。
残りの2分の1がキャリアとなります。
つまり4頭で生まれた場合、1頭が発症、1頭がクリア、2頭がキャリアになる確率です。

キャリア×キャリア以外にもアフェクテッドが出る図式があります。
発症犬(アフェクテッド)を交配に使った場合です。
交配相手がキャリアでもクリアでも、生まれた子はキャリアかアフェクテッドです。

発症犬が使われるなんて~と思う方もいるかもしれませんが、
CL症の症状が出る(概ね1歳の誕生日を過ぎてから)以前に交配に使われることがあります。
症状は出てなくても、その遺伝子を持って生まれてきてるので、それまでクリアだっったのが途中でアフェクテッドになったり、キャリアになったりということはありません。


【キャリア×クリアの交配では?】

半分がキャリア、半分がクリアになります。
また、アフェクテッド×クリアでは、生まれる子すべてがキャリアです。


【どうしたら発症犬を出さずにすむか】

クリア×クリア、クリア×キャリアの交配では、クリアとキャリアしか出ません。
キャリア同士の交配、それと、アフェクテッドを交配に使うことを避ければ、発症するボーダーコリーはいなくなります。


【その為にはどうしたらいいのか】

遺伝子検査を受け、繁殖に使う子の結果を確認してから交配を考えるべきです。
また、その子の両親犬が間違いなく検査を受けているのなら、その子の結果もほぼ推測できます。
「多分大丈夫」は、大丈夫じゃありません。
全く意味を成さない思い込みです。

2006年から日本国内で、口腔内の唾液、または血液でCLの遺伝病検査ができます。
現在ではJBCHN(ジャパンボーダーコリーヘルスネットワーク)を通じてCL症研究者大和先生の他に、IDIDA JAPANやバイオス、カホテクノなど民間の検査機関でも行なっています。


【それ以外にできることは?】

ここからは私見になりますが、
検査は繁殖する前に行うべきなのに、現在流通しているボーダーコリーの多くは、未だに検査を行わずにお金の為に繁殖されています。
日本のボーダーコリー全体のこれからを考えて繁殖をしている人は、ごくごくわずかです。

何故、何も考えずに産ませるのか。
売れるからです。
なんでもいいから目の前にいるボーダーコリーに産ませれば売れる。
ブリーダーというには程遠い、“犬や”が繁殖をしています。

ある犬種のブームが起きれば、ブームが過ぎ去るうちにその犬種をどんどん産ませます。
求める側がいなければ、お金にならない繁殖は廃れます。


【CL症は根絶できる】

遺伝子検査ができるようになって、日本のボーダーに関してはCL症のファミリーツリーが形になっています。
しかし、遺伝病に無知・無関心な繁殖をする側と求める側が減らない限り、ツリーは成長していきます。
CL症は、出ると思ったところに出る。
予測ができます。
親から受け継いだ遺伝子がわかるのですから、受け継がせないようにすることもできるのです。







以上、CLの発症犬を出さないためのベースになるものをと思ってあげてみました。



今回は、「NCLの発症犬を出さないために」だけに絞って書いてみましたが、
他にもたくさんある遺伝病を考えると、単純にこれだけを考えて繁殖OKとするのは間違いです。

CL症が、TNSやCEA、PRAなど他の遺伝病に比べて注目されたので、
とりあえずCLの検査だけを受けて、「うちの子はCLクリアなので大丈夫です!」という繁殖家もいます。
大変浅はかで愚かしい、無知としか言いようがありません。

注) TNS・・・捕捉好中球症候群
    CEA・・・コリーアイ異常
    PRA・・・進行性網膜委縮



CL症及び遺伝病については カテゴリーCL症にまとめてあります。
わかりやすい、とは言い難いのですが、時間のある時にお読みいただければ嬉しいです。

また、JBCHNのHPにはボーダーコリーの遺伝病について医学的にも詳しく書かれており、CL症を正しく理解するために是非目を通していただきたいと思います。


                 


| CL症 | COM(6) |
2017-08-20 (Sun)
昨日は娘も私も休みで、お互いに夕方出かける予定が。
じゃあどこかでランチでも♪ と石狩方面へ。

海のそばの高台にあるカフェ。
ロケーション良さそうじゃないですかー。
ほんとはろずも連れていきたかったんだけど、
テラス席は犬OKなのを確認するのに電話したら、「丸っきりの外なので虫もいるし、あずましくないかも」とのお返事。
とりあえず、今回はろず無しで行って様子を見ることに。



車から降りたら、おー。いきなり蜂です。
こりゃあずましくないわ、ろず連れてこなくて良かった。


サラダ美味し♪
IMG_3580-2.jpg

マウニの丘さんと同じく、ここも望来豚を使ったランチ。
IMG_3581-2
娘の頼んだカレー。
お肉もトロトロでこれはなかなかいいお味。
オレンジのパプリカには、ポテトグラタンのようなのが入っていて、これも美味しかった。

私は望来豚のステーキでブラックペッパー、レモン添え。
IMG_3584-2
これはねー、残念でした。
お肉、硬っ。
最初、魚用のナイフだっけ?と見直してしまった
脂身のところは確かに甘いが、もうちょっと柔らかいといいのに。

写真載せられなかったけど、冷製のトマトスープもついてて、これはとっても美味し。

ランチについてるプチデザートと、別注文のカシスソーダ&アイスコーヒー。
IMG_3599-2
どれも美味しかったね。
コーヒー、苦めの好きな私にはぴったり。

シフォンケーキは娘と半分こ。
IMG_3587-2
うん、美味しい。
生クリームも、デザートについてたのと同じもので、甘すぎないの。
残念なのはひと口目、ほんのりあったかくて「あら、焼きたてかしら♪」と喜んだのに、次のひと口はしゃっこかった。
外側の厚い部分がしゃっこいの―。
冷凍してたのを温めたのねきっと。

期待してたロケーション・・・どの席からも海が見えるような作りではなかった(T▽T)
IMG_3589-2

仲良さそうなご夫婦で、全部美味しくいただきました♪と言えたらとっても良かったのだけど。
もちろん全部いただいたんですけど。(笑)


こっち方面、面白そうなお店がちょこちょこあるようなので、また出かけたいな。

帰り道、ハングライダーやってるのが見えたよ。
(Photo by娘)IMG_3601-2
| 未分類 | COM(2) |
2017-08-18 (Fri)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 未分類 |
2017-08-15 (Tue)
ろずのケンネルコフにかこつけて、ちょっとサボり気味のブログ。
他の子との接触を避けてる分、写真が少なく「あとでまとめて」と思っちゃって。^^;
気がついたらお盆が終わってた。
お墓参りもすべて無事に終了。
今年のお盆はいつもより涼しかったなぁ。


先日友人たちと行った500円ランチのカフェ。
絵やその他の作品を飾ってくれて「カフェギャラリー」と言えなくもないが、そこから想像するような洒落っ気はなく(笑)、お客さんも老若男女混ざってる。
しかし、お昼前には満席(30席近くある)。
「早く行かないと、座れないし売り切れるの」と聞いてたので、早めに行って良かった。

理由はこの小鉢の数かな。
IMG_3566-2.jpg

ご飯とお味噌汁、メインのおかずの他に小鉢が6コ。
メインと言ってもちょこっとなんだけど、お魚とお肉の料理それぞれ5~6種類ある中から一つ選べる。
ご飯も白米か炊き込みご飯のどちらかを選べる(この日はうなぎご飯)。

お昼前でメインのハンバーグは既に売り切れらしく、私は「鶏肉のキャベツ巻き」とかだったかな?
友人たちは、豚の角煮ととんかつ。
(とんかつはお値段にみあって薄かった・笑)

ランチのあとのコーヒーが100円。
デザートが200円。
IMG_3569-2
私はシフォン、友人たちはレアチーズケーキ。
ちなみに生クリーム嫌いなんでいつも友達に食べてもらう。
でもこのクリームもレアチーズもさっぱりしてて甘くない、私好みかも。

このままお弁当箱に詰められそうなくらい全体量は少ないけど、使ってる食材はこれ一食で30品くらい入ってるんじゃないかしら。
これだけで充分栄養摂れそう。
自分ちではこの品数、絶対作れないわ。(作る気がない、とも言う(^o^;))

500円(+300円)でとっても満足なランチだった。


食べ物の話題から入っちゃったけど、ろずは軽くすんでるのか既に回復傾向。
IMG_3572-2


とは言え、よその子との接触&興奮させることを避けてるので、ひとりでぶらぶら。

IMG_3539-2

しまった、ひとりでもどぼんしたか
IMG_3541-2

ごろごろ。
IMG_3544-2

ぶるぶる。
IMG_3545-2

ぺろりん。
IMG_3549-2


あっちの公園行ったり
IMG_8923-2_20170815190838143.jpg

こっちの公園行ったり。
IMG_8982-2

ここも久しぶりだなぁ。
IMG_8986-2

IMG_9011-2


とんぼがいっぱい飛んでた。
IMG_8995-2

翅の模様が違う。
IMG_8997-2


娘も一緒に散歩替わりのドライブへ。
目的はソフトクリーム&クレープ。
IMG_8932-2
黒ごまのソフト、大好き。

外で食べようと思ったのに、やっぱり落ち着かないのこの子。
仕方なく車に乗って食べたよ。

IMG_8959-2.jpg
娘の爪は長すぎると思う。 by母。

ぐっちゃんのとこにも寄ってお参り。
IMG_8962-2


そして昨日はお盆で月命日ということで、またまたお参りに。
IMG_8965-2.jpg

うちの庭と同じ、芙蓉が咲いてる。
IMG_8971-2


8月14日はランちゃんの命日。
ランちゃんももう6年経つんだね。

あーあ。あっちはオールスター勢ぞろいだわ。

IMG_8977-2


みんなちゃんと帰って来たのかなぁ。
ぐっちゃんは来た形跡なし。(T▽T)

| 未分類 | COM(0) |
2017-08-10 (Thu)
日曜日、お墓参り第二弾で新十津川と滝川へ。
珍しく夫が自分の車で行くという。
なんかヤな予感でもしたのか?
私のタイヤは新品だぞ。

そいで早めに出て下通って行く、と。
それはいい心がけだ。
軽と違って一般乗用の高速代は高いのだ。

その帰り道、年に一度のお楽しみ~。

ちょっと洒落てきたじゃないの。(笑)

お留守番ろずにも、もちろんあたるのです。
IMG_3537-2

アップルパイの他に、今年はプリンも買っちゃった。
あれ?プリンの写真撮ったと思ったのに見当たらない。(・・;)
まぁいっか。

ろずもグレースと同じく、一番最初は目を合わせない。
IMG_3551-2.jpg

違うとこ見ながら、なんとなくもじもじしてチラッ。
そこで私と目が合うと、「ろじゅにもくれるんでちゅね♪」と目がきらきらする。

ひと口食べたら、もう強気。
IMG_3560-2.jpg

可愛い顔して食べるんだけど
IMG_3561-2.jpg

強気。
IMG_3563-2.jpg

可愛い。
IMG_3564-2_201708102043509f6.jpg



こっからは備忘録として。

ろず、現在ケンネルコフ罹患中でございます。
ぐっちゃんも罹ったことあって、体力ある子は大事には至らないと思い、飼い主ちょっといい加減。(笑)
ろず自身も普段と変わりなく元気なのだけど、昨日病院には行ってきた。
先生も電話で「ほっといても一週間くらいでおさまると思うんだけどねー」って感じだったのだけど、時季が時季なもんで、もしも・もしも、長引きそうになった時に病院の休み&お墓参り第三弾もあって、パッと行けない。
とりあえず診てもらって安心することに。

状態は悪くないし、ウィルスか菌かもわからないから薬飲んでも飲まなくてもいいのだけど、もし細菌性なら早めに治るかもと期待し、抗生物質出してもらった。


最初に私が気がついた「けほっ」は、火曜日の夕方。
散歩でご近所の仲良し犬の姿を見つけて、嬉しくて前に出たらリードで「けほっ」。
その前の週から、もし罹っていたら症状が出るどのくらい前から菌やらウィルスやらを排出するかわからず他の子との接触を控えていたので、この時も通りのこっちとあっちで事情を話し、さようなら~。

次の日(昨日)の夕方、散歩に行くとわかって嬉しくなって「けほけほっ」。
普段したことのない「けほ」だったので、もう間違いないわ~。
〇んちだけさせて先生に電話だ、と思い、ちょっとだけ歩く間に「けほけほけほっ」。

ろずの「けほっ」は弱々しくてちょっと笑える。(笑)
ぐっちゃんの時は、「咳出る?」とか「吐きそう?」の前段階で止まるような、「ぅがぁっ?」というか(笑)・・・なんかそんな中途半端な感じだった。

昨日の夜から薬をのませ、その後一緒にいる時に咳らしきものは一度もしていない。
ご飯もいつもどおり。
薬が効いてるのかな?
ほんとのとこは、どうだかわからないんだけど。

症状がおさまったあとも、しばらくは感染の危険があるので一週間くらい接触は避ける予定。
実際はそこまでしなくてもいい気がするんだけど、万が一ってことがないわけではないから我慢我慢。
無事に解禁になったら海だー♪


あ、体重は12.5キロだった。
レミは今月末まで16キロを維持しててねー。^m^

| 未分類 | COM(4) |
2017-08-04 (Fri)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| 未分類 |