12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-06-14 (Sun)
しっぽの会さん主催のチャリティイベント「わたしたちにできること。」にお邪魔してきました。



 場所が円山動物園ということもあって、駐車場に入れなかったら大変!と開園時間めざして行ったところ、
雨模様のお天気のせいか、YOSAKOIのせいか、北海道神宮祭のためか、
思いのほか混んでませんでした。

20090614_P6140062-2.jpg

20090614_P6140059-2.jpg

 しっぽさんのオリジナルグッズが増えていました♪
他にも手作り品のお店や、MOBBYさん、ノースペットさんなどなど。
20090614連結画像-1

素敵な笑顔でした☆20090614連結画像-3

   皆様、撮影を快く了承してくださり ありがとうございました。<(_ _)>

お留守番のぐっこに ノースペットさんのささみをお土産にした。
20090614_P6140115-2

 ノースペットさんは、○活クラブで初めてドッグフードや犬用おやつを製品化する時に、市販のものとは別の、○活クラブ仕様のものを模索しながら作ってくださったところ。
初めてできたクッキーにお砂糖が入っていたことで、私をはじめ多くの組合員から「お砂糖を抜いて」という声を受け、それにもできる限り応えてくださった経緯があります。
製品としての安定化をはかるためには お砂糖を抜くのは大変だったと思うのだけど。

今回、しっぽさんからも来場者にお土産をくださいました。
20090614_P6140121-2

 しっぽさんの新しい絵葉書とノースペットさんのおやつ、それに太陽油脂さんのハンドクリーム。
太陽油脂さんも、○活クラブ員には耳なじみのメーカー。
なんだか嬉しいです

 しっぽさんから新しい家族のもとへいった子たちの、近況を知らせるお手紙や写真がありました。
あっ見っけ♪
20090614_P6140043-2

 最近、新聞でもしっぽさんを3回にわたって取り上げており、
また、行政での殺処分について、各都道府県の取り組みや処分数の比較なども特集記事が組まれてました。
可愛いから増やす、可愛いから買う、
大きくなったから捨てる、病気になったから、飼えなくなったから捨てる。
人間の思うままに増やされ、殺される犬や猫。

スチュアート・チゾムさん撮影の写真には、この世界を身体中で感じている彼らの姿がありました。

20090614_P6140049-2

一枚一枚に添えられた言葉を目にしていると、胸が詰まります。

20090614連結画像-5

冬、暖かい服を着せてもらっているこの子の写真の下には
こんな言葉がありました。


わたしが若い頃のようにあなたと遊べなくなっても

わたしが病気であなたの自由を奪ったとしても

わたしが年老いてあなたの言ってることがわからなくなっても

わたしはあなたの側そばで虹の橋を渡りたい


| ダイジナコト。 | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する