12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-11-21 (Sat)
グレースのCL再検査の結果がクリアだったこと。
血縁関係のある子や友人たちには直接お知らせをしてきました。

遺伝子検査の結果が間違えてたなんて、どれだけ重大なことか。
どう楽観的に考えても とんでもないことで、
誰にとっても大変なこと。

でも 起きちゃったんです。
とても初歩的な、人為的ミスで、グレースの検体は別の検体と取り違えられ、
Carrierキャリアという判定を受けました。

 2006年キャリアとされた時も、今回のクリア判定を伝えられたあとも、
たくさんの人が私の感情を気遣ってくれたり、考えを整理する手助けをしてくれました。
いろんな言葉をくれた人たち。
ありがとう。

 なんでこんなことに 
なんでそれがグレースなの って・・・つい思っちゃうけど、
なんでだかこうなってしまったんですね。
こうなるようにできてたんでしょう。
受け止めるしかないです。


 2006年からこれまでのことは、ブログの中でぼちぼちと書いてきましたが
今回クリアという結果を受けたことで何よりホッとしたのは
グレースの子が発症して亡くなっている可能性はないことが確実だということ。

良かった。
ただただ嬉しいという感情でいっぱいです。

 一方、交配相手とコンタクトをとる手段のない今、子供たちのキャリアを否定はできません。
発症の可能性はないけれども、キャリアを次の世代に受け継ぐ可能性は残ります。
グレースがクリアだからと言って、子供を産ませたことで生じる責任を投げだす気はありません。

行方の分からない2頭の子供たち。
「Gracious garden JP」という犬舎名の付く、2002年7月16日生まれの子供たち。
黒×白のオスとメス、生きていれば7歳です。
思い当たる子がいたら、どうか情報をお寄せください。
よろしくお願いします。


 今私がお伝えしたいが このひとつ。
それからもうひとつ、CL検査の今後について憂えてること。。

まとめて書こうと思いましたが それだけで長くなりそうなので次にします。<(_ _)>

| CL症 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する