12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-03-18 (Fri)
 東北地方の動物たちの支援状況はどうなっているのだろうと
あちこちのサイトを見ていて、
仙台という街が、動物愛護に町ぐるみで取り組んでいたことに驚きました。

(以下、すべて「ペット・保護動物」から見られます)


市独自の「動物愛護行政の基本指針」なるものができてるんですね。
センターの統計資料を見てみると、
犬猫ともに、処分数が平成18年から目に見えて減っています。
(前回の愛護法改正以来の努力でしょう)

「動物愛護のための業務」の中に、
「地震等の災害時の避難にあたっては、ペットを置き去りにせず、同行することが必要です。」の一文、
「添付ファイル」には 動物用非常用品として準備するものや
飼い主が普段からしておくべきこと、心構えも書かれています。
更にその中の資料には IAHAIO(人と動物の関係に関する国際組織)のことまで。
(私はJAHAの中でしかこの名前を見たことない気がするんですけど・・・。)



 被災された現場で、支援がどこまで進んでいるのかわかりませんが、
普段からこういった啓蒙活動をしていた仙台市。
その取り組みはきっと今回の地震にも活かされたと思うし、
以前に比べてずっと多くの動物たちが助かったのじゃないでしょうか。
愛護に関してど素人の私ですが、自治体の力は大きいなぁと思います。




渡辺健さんの「雨ニモマケズ」を 友人がmixiでアップしていたので
ここでは佐藤浩市さん朗読による、谷川俊太郎氏の「生きる」を。。。





今日一日、そして明日もまた。


| ダイジナコト。 | COM(6) |















管理者にだけ表示を許可する