12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-07-27 (Wed)
今日は体重の変化をみるために病院へ。

5月23日 13,6キロ
6月27日 14,3キロ
7月27日 14,7キロ

着実に増えている。
が、思ったほどではない。
でも 食べても減ってる わけではなく、微妙~。

フードの中味が変わったとか、
まだフードの量が少ない、
血液検査で出ないものがどこかにある、とか(たとえば 下痢を伴わない腸の病気、膵臓、脾臓、諸々)考えたらきりがないのだが、
この1年ほどのおやつの量の変化(減少)、同じくこの1年ほどはフードを2種類ではなくシニアの1種類だけで来てることなどを考えると、
単純に、フードでとれてるエネルギーが少ないことが原因か(だといいのだが)。

このあと原因を突き止めるために検査をするとしたら まずは胸部、腹部のレントゲンのエコー程度だが、
アテもなく検査をしても特定するのは難しい。
もちろん隠れた病気が見つかることもあるだろうけど。

増えてはいるのだから、大きな病気(進行している、食べても減っていく)ではないだろうし、
しばらくフードを今の量+20g程度で続けていってみる。
来月は3か月ごとの検査。
こうして定期的に診てもらっていれば 変化があった時早めにわかるだろう。

来月はいつもの検査のほかに、尿検査を予約してきた。
先生の好きな(笑)穿刺尿。
前日夜からの絶食と、8時間以上尿を溜めていく。


マイクロチップの読み取りで、体温38,4度。
喋りながら爪も切ってくれた。

チップは火葬したあと残るのか聞いたら、先生も「あ~、どうだろう??」と言っていた。
が、「かなりの高温だから」無理よね。
材質見たら、ポリプロピレンと生体適合ガラスとなっているが、1000度もの高温には耐えられないだろうな。

「だいたい、チップ入れてる子が少ないしね」。
そうね。^^;


庭のスベリヒユ(ポーチュラカ)20110725_P7250020.jpg



グレースの子、まりんが亡くなったことを伝えた。
多分、元にあるのは副腎と甲状腺だろうというと
「免疫疾患持ってたんだろうね、膠原病とか・・・グレースは長生きしなくちゃね」って。

うん。




今、庭に咲いている花たち。

夏椿
20110725_P7250013.jpg
咲いても一日で落ちてしまうので、いっぱい花がついてるところを見たことがない。
潔いと言えば潔い。
丸っこいつぼみの時が とっても可愛い。


まだつぼみだけど、なんだったっけこれ?^^;
20110725_P7250028.jpg
いつも忘れてしまうこの花の名前。たまに思い出すんだけどなぁ


ロシアンセージ
まだ満開ではない。20110725_P7250018.jpg

葉の色、花の色はさておき、我が家のロシアンセージの姿は堂々たるもので とても「かそけし」とは言えない。(;^_^A
半分 木のようになってしばられている。
丈夫なこと、嵐が丘の荒れ野に咲くヒースばり。
…荒れ野に咲いているのは間違いない。

大好きな花だ。20110725_P7250026.jpg


ラベンダーも少しだけ。
やっぱりいい香り。20110725_P7250037.jpg


| グレースが教えてくれたこと。 | COM(6) |















管理者にだけ表示を許可する