12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-08-22 (Mon)
 今日から2学期という子供たち、多いですね。
そして昨日、たまった絵日記書いたり宿題やったり、と泣きの入っていた小学生諸君。
君たちの気持ち、おばさんはよぉぉーくわかる。

たった今、まさにそれなんだよーーーー(T▽T)


環境省で募集している「動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)」の〆切りが今月28日じゃなくって27日だー。

今回こそはペット業者達の反対票で「生後8週令」規制がおじゃんにならないように。

あーもう、アセアセだよ
いや、だっていろいろ忙しくてね、あとでやろうと思って・・・って言い訳まで小学生ーっ
5年前から今日という日が来るのはわかってたんだよ。

でもねでもね、(←自分の子が言ってたら「でもも何もなーいっ!」と怒鳴りつける親^^;)
ものすご~くパブコメにのめりこめないのは、
検討されている中味が、まず「ショップありき」で成り立っているから、かな。
8週令経った後、ケースに陳列されちゃっていいのか?という疑問は拭えないのだ。
だいたい「8週令も経ったら“可愛い~♪”って買っていく人間が減る」から業者もがんばっちゃうわけで、買う人間がいる限り実質変わんないじゃない?って思ってしまう。

そんな矛盾を抱えつつも、やっぱり書かなきゃ変わらないと思うのだ。
いつか、ペットショップで生きているあの子たちが 並んで売られていない世の中をめざして、
子供を産む為だけにケージの中で一生を終える母犬がいなくなる、その為の通過点と思って。


ここ読んじゃった方、
この5年で初めて犬や猫を飼って、日本のペットたちを取り巻く環境には問題があると気づいた方、
またこの面倒な問題か、と思った方も、
やっぱり意見を挙げましょうよ。(私と一緒に「夏休み最後の一日を泣きながら過ごす小学生」になりませんか

今回は「動物取扱業の適正化について」についてなので的が絞られてるし、意見を出しやすいと思うんだ。

1.深夜の生体展示規制
2.移動販売
3.対面販売・対面説明・現物確認の義務化
4.犬猫オークション市場(せり市)
5.犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
6.犬猫の繁殖制限措置
7.飼養施設の適正化
8.動物取扱業の業種追加の検討
8-1.動物の死体火葬・埋葬業者
8-2.両生類・魚類販売業者
8-3.老犬・老猫ホーム
8-4.動物の愛護を目的とする団体
8-5.教育・公益目的の団体
9.関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
10.登録取消の運用の強化
11.業種の適用除外(動物園・水族館)
12.動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
13.販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)
14.許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)


これらの項目について環境省で出している案
に、賛成・反対やその理由等自分の意見を書いて送ります。
メールでOK。

私はいつも、こういった案を一度印刷して目を通します。
パソコンの画面で見てると、どうも考えづらいんです。
それを見ながらひとつづつ意見を書いていくのが一番楽ちん。

どう書いていいかわからない時は、参考意見をまとめてくれてる人がたくさんいるので、参考にさせてもらいます。
まるっきりコピペは自分の性に合わないのでね。
自分の言葉ではうまく書けないって場合は、ちょこっとでも言葉じりを変えるとか、ひねってみるといいと思う。
なんとかしたいと思うその気持ちを無駄にしないでほしい。

いっぱいありすぎてかえってわからない、こんがらがっちゃう、難しそうという場合、
ほぼ日刊イトイ新聞のなかの、犬と猫と人間のはなし。がわかりやすい感じがします。


20110822_P8220035.jpg

ごろん のコマンドで怒りながらごろんをしている可愛いぐっちゃんを見たら、
さ、始めましょう。

・・・・・


20110822_P8220022.jpg


【追記】 大事なこと書くの忘れてた^^;

この環境省が出してる案は「動物愛護管理のあり方検討小委員会」で議論されたものであり、
そのメンバーは かなり業界寄り(若しくは業界そのもの)の方たちが多く選出されています。
「改革」と聞くと、良い方向に変わるものと錯覚しがちですが、
「自主規制にまかせる」などいったいそれは誰の為の案かと、私の中での「動物愛護」に首をひねってしまう文も盛り込まれています。
惑わされないよう、賛成か反対かだけで答えを出さないように気をつけたいものです。

| ダイジナコト。 | COM(14) |















管理者にだけ表示を許可する