12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-09-05 (Mon)
現在公表されている事実。

http://www.ds-vet.jp/medic/product_info/pdf/lc_stop_110829.pdf

要約すると、「先生各位」として
・2011年6月以降に販売したライフチップに破損が確認された(使用前から破損している)
・チップはインジェクターの針の中に装着しているため、使用前の確認が難しい
・当該2ロットについて販売元在庫の発生率は15%
・特約店に該当する在庫がある場合、速やかに返品願いたい

そして「自主回収対象品」のロット番号と、個体識別番号の範囲が載っています。


私、くじ運は良くないはず。
全プレ以外ほとんどゲットしたことはないのだが、
なのに、

なんで、

ぐっちゃんの番号がこの中に入っちゃってるのーーーーー って話なんです。



すでに装着した子たちにも同じ程度の確率で破損したものがあると考えるのが妥当。
それからあれこれ推測したり、先生と話したり。

なんにしても原因がわからない限り、事故の再発を防ぐこともできないし、
現在のところ健康被害は確認されていないというが、今後どうなるかはわからないわけだ。
今日大丈夫でも、明日壊れてしまうってこともあり得ないわけではない。

全体の一番大きな問題としては、破損を知らないままに災害などで個体識別が必要になった時に、作動しないこと。
チップ本来の役目を果たせない。

グレースだけに関して言えば、考えようと思えば健康上たいへんな問題が出てくる。


飼い主さんにもそう遅くないうちに連絡が来るはず(と思う)だが、
今飼い主サイドでできることは、チップが正常に動いているか確認すること、獣医さんと話をすること。

そして会社側には、とにかく迅速な原因の究明を求めます。
もちろんそのあとのことも。
ちゃんとやってね。




幸いにも、今日もグレースのチップは正常に反応していた。
体温は38.4度、前回と違った値なので壊れてはいないだろう。

今日また先生と話をして、わかっている情報はもらって、自分では少し落ち着いたのだけど、
この大雨・・・記録的な量になるみたいでしょ。
もし30年前のように豊平川が決壊したり、地盤の悪い我が家は避難しなきゃならなくなったり、・・・なんてことが明日起こったら、ってことも考えてしまった。
ぐっこの場合はずっと名前と連絡先の入ったチョークはしてるけど、
チップが信頼できない状態って、入れた意味がない。


まぁ、いろいろと・・・アレだな。(笑)(←なんだアレって^^;) 難しいわ。
煽情的に取り上げる気はないし、
それぞれの子にはできる中で対処するしかないんだよね。

あーあ、でもなんでCLの時といい、今回のチップといい、こんなのに当たっちゃうのかなぁ。

ぐっこのくじ運がいいのかなぁ。

・・・いいのか悪いのか?





今日はカルトロフェン・ベット2回目を投与。

1週間前にやった尿検の結果は
・尿中クレアチニン 201.1(mg/dl)
・蛋白定量   8 (mg/dl) 
・細菌培養  陰性

よしよし、腎臓は正常に機能している。  
| グレースが教えてくれたこと。 | COM(12) |















管理者にだけ表示を許可する