12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-12-19 (Mon)
※以前にも書いていますが、ブログに載せているグレースの記録はグレースだけの記録であり、似たような見え方や数値であっても、グレース以外の個体にそのままあてはまるものではありません。
また、聞いたことすべてを載せているわけでもないことや、先生の使った言葉と私の感じたことが入り混じって(残念ながら)正確に書けてるものでもありません。
同じような不安を抱えている飼い主さんの参考になれば良いのですが、あくまでもグレースの飼い主が診療記録のメモとして書いたものと了解の上お読みください。



今日撮ってきたレントゲン。
ほんとなら12枚撮りたいところだが、簡略化して7枚。
撮った写真をCDにしてもらったが、画像ビューアだかなんだかをつけてくれたせいか、写真をいつものような形で取り込めないー。
小さくて全然見えないだろうけど、とりあえず4枚アップ。

CR1_20111219205211.jpg
心臓はとてもきれい。

肺が硬くなってきてる。
このせいで肺の音が聞き取りづらかった。「年相応」というところか。


CR1_20111219205227.jpg
脾臓の形が少し気になる。
勘ぐれば、この中に何か(腫瘍とか)があるということもあり得るが、今のところこれ以上の検査は要らないだろう。
この状態を気にかけておく。

小腸の何カ所かが太くなっている。
興奮してガスを吸い込んで太くなっているか、そうでなければ怪しい・危ない。
が、5年前の写真を見ると 同じような所見が認められる。
ってことはガスだ、良かった。
小腸は、おなか側(写真で見ると下)に下がってきている。
年齢だろう。
〇んちは5年前より柔らかくなっている。

背骨に(これも年齢と思っていいのか)変形がある。


CR1.jpg
膀胱が下がってきて骨盤に入り込んでいる。
尿漏れがないか聞かれたが、今のところ汚れていることはない。
いずれは症状が出てくるだろう。


そして股関節 CR1_20111219205309.jpg

左の股関節が脱臼している。
気になっていたポキポキは このせい。

手術も選択肢としてはあるが、したからと言って今より良くなるものでもなく、またリハビリに時間がかかる。
年齢も考慮すると、選択肢に入れなくていいと思う。
大小の骨増殖体が見られ、これが挟まったりすると痛いらしい。
左よりも右の痛みが強くなることもあり得る。

できることは、今までどおりサプリを続けていくこと、
カルトロフェン・ベットを6カ月ごとに使用してみること。
散歩は今までと同じく「グレースの好きなように、好きな量を」。
無理に歩かせたり引っ張ったりせず、歩きたい分だけ歩かせてあげる。
人間だと脱臼していたらものすごく痛いが、徐々にずれていってることと四本足であることで、人間と同じではない。

膝も擦り減ってきている(というようなことを言った)。

あ、パソコンに写ってる画面を写真に撮れば 大きくアップできるか?ということに今気がついて^^; 画像は悪いけど、そこだけ撮ってみた。
              
20111219_DSC00041.jpg
       (クリックでもうちょっと大きくなります)

これだと左(向かって右側)の股関節の脱臼と、骨増殖体(関節ネズミ)が見えるかな。
因みに下のが2006年3月に JAHDで診断してもらった時の写真。
                             ↓
これもクリックで大きくなりますKudou_Grace_Hip.jpg
 「グレード4、重度の関節炎」の判定。
JAHDのHP、左側の「診断・登録結果」から、ボーダー・コリーを選択、
BRDC0600014で公開されているのがグレースの判定です)

あと、なにか大事な点はあったかな?
写真撮ったあと1時間も喋っていたので、もっとありそうだが。^^;


レントゲン所見から感じたのは、
心臓が強いことで、寝たきりの状態が長くなってしまうかもしれない?
それはグレースにとってもつらいことなのか。
グレースは歩けなくなったからといって生きることをやめようとするか。
介護の日は短い方がいいという先入観はないか。


老犬と暮らしてる ってことが、ちょっとだけひしひしときたな。

でもいきなり年をとったわけではなく、毎日の積み重ねが今日のグレースと私にたどりついた。
こうして今日まで過ごして来れたことがありがたいってもんです。


【余談】
2日前に同じ病院に行ったムサママと先生の会話。

先生「やだなー、グレースのレントゲン撮るんだよ。かじられそうだー。」
ムサママ「ぐっこ、かじりませんよー?」
先生「えー?だって「う”-っ」て言うんだよ、う”---って!」

というのを聞いていたので(笑)
撮る前にエリザベスしようとする先生に「先生、グレース噛みませんよー」って言ったら、
「え~?だって、う”~~~~~って言うんだよー?」って。
だいじょぶ、う゛~~~って言うけどかじらないから。
・・・暴れるだろうけど。

で、ぐっこが撮ってる間、診察室で待ってたのだが、
人間の悲鳴は聞こえてこない。ヨシヨシ。
あ、ちょっとぐっこの「ぶひーぶひーっ」が・・・(;^_^A

終わって戻ってきた先生に
「グレース噛まなかったでしょ?」って聞いたら、「うん、噛まなかった!」。
ほらね、う”~~~って言ってるだけで噛まないんですよ、うちのぐっちゃん♪
そしたら「いや~、それがすごいよね、あんな、う”~~~~って言っといて噛まないなんてすごい!」だって。

すごい ・・・だろか?(笑)

まぁ、噛まない分暴れたので写真が「ねじれてねじれて」大変だったらしい。^^; 





| グレースが教えてくれたこと。 | COM(14) |















管理者にだけ表示を許可する