12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-12-29 (Thu)
 あっという間に2011年が過ぎ去ろうとしている。
全然そんな気しないなぁ。
仕事も年末年始関係なく、いつもと変わらずだし、
これでずっと家にいたら、少しは大掃除しようとか、おせちの用意しようとか・・・思わないな。^^;

2011年は 元旦に義父が亡くなり、5月には脳腫瘍を患っている義母の目が見えなくなり、
それからはほぼ毎日病院や施設通い。
そして一年の終わりに、義母との別れが間違いなく迫ってきている。

2週間ほど前から 問いかけに対する言葉での反応はほとんどなくなり、
この数日は呼吸が荒い。
肺に水がたまってきているのかもしれない。
腎機能、意識レベル低下。むくみがひどい。
造血ができなくなってきているので輸血もしたのだが、数値が上向きにならない。
多分もう、IVHを入れることはないと思う。

麻痺の無かった右手も動かさなくなった。
でも時々、わかってるのに思うように反応できないだけなのかと思えるような感じを受ける。
今日も私が勝手に喋ってることに対して、手を動かそうとしているように思えた。
信仰を持っている人なので、数珠をその手にかけてみる。
手のひらで少しでも感触がわかっただろうか。

まさかほんとに 義父と同じ1月1日に・・・なんてことはないだろうねと思いながらも、
気持ちがざわざわしている年の瀬です。


いつもと変わらない存在が、気持ちに落ち着きをを与えてくれる。
ぐっこはビタミン剤みたいなもんだろうか。
20111229_DSC00283.jpg

ちょっとだらしないビタミン剤。(笑)
20111229_DSC00281.jpg






今年の夏 おとずれた大きなお別れ。

6月には名菜ちゃんが。
20101014_PA140098.jpg






8月には ランちゃんが。

2006年6月4日ランちゃん


20100523_P5230007.jpg


そして7月。 グレースの子供まりんとの別れ。

6DSCF0005.jpg

DSCF0040_20111229191653.jpg

ゴンの家で (31)

ぐっこと同じで   車に乗って
    車に乗るのが大好きだったね。


この子達との別れは、いろんな意味で重かったな。
出会えた幸せ。
輝いていた笑顔。
会えなくなった淋しさ。

中でも、あらためて突きつけられた「純血種は美しいだけではなく、脆さも併せ持つ」現実。
愛管法に関するパブコメも少しずつ知れ渡ってきたとは思うし、問題点の改善に向けて間違いなく動き出しているとも思うのだけど、その歩みは牛歩の如く、また兎の止め足のように一直線にはいかず、で、何とも歯がゆい。

2~3年前にイギリスのKCで始まったスタンダードの再構築。
日本でもその模様が放送され、ご覧になった方も多いことと思う。
「イギリス 犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~」 )
この番組が引き金になってか、JKCもその傘下にあるFCI(国際畜犬連盟)が100周年を迎えた今年、新たに宣言をしたそうだ。
(「2011年の締めくくりとFCI(国際畜犬連盟)の新しい役割:dog actually」 参照)

ヨーロッパのこの動きが、日本の純血種たちの未来にもつながってほしい。





「今年を振り返る」というたいそうなタイトルで、思いっきり長くなっていますが^^;
最後にグレースのこと。

今年も一年元気に、そして一緒にいられたこと、ため息が出るほど感謝です。
「元気に」といっても、年相応に、グレースなりに、ね。

20110713_P7130010_20111229191749.jpg


毎日大好きな車に乗れて良かったね。
20110426_P4260043_20111229191749.jpg

毎年同じような時季に同じようなところで変わり映えしないんだけど、
今年は こことか
20110929_P9290073.jpg

ここ、初めてだったね、一緒に行けて良かった♪
20111107_PB070011_20111229191749.jpg


家の中でグレースが「遊ぼう!」っておもちゃを持ってきても、面倒くさがって「あとで」って言った回数が多かったな・・・反省してます。
これからは家の中での遊びにも変化をつけたいとこ。
徐々に・・・考えます。^^; ごめんねぐっこ。


2011年 冬から春
夏から秋へ     20111228連結画像-1
そして冬へと    20111228連結画像-2
            20111228連結画像-3


今年も一年、Gracious gardenにおつきあいいただき、ありがとうございました。
来年も親ばかモード全開でいきますが、変わらぬおつきあいを
どーぞどーぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、犬たちとの生活が幸せなものでありますように。

犬たちにとって、ヒトとの生活が幸せなものでありますように。


また来年  20110517_P5170096.jpg
| 未分類 | COM(22) |















管理者にだけ表示を許可する