12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-01-06 (Fri)
 2012年。
新年は、いつでもめでたくあってほしいものですが、
・・・うーん、なんて書き始めたらいいのか。。。


昨年の1月1日には義父が亡くなり、
お義父さん、ひとりでいるのが淋しかったのでしょうか、
今年の1月1日に、お義母さんを連れて行ってしまいました。

義父の納骨の日に義母の目が見えなくなり、
「おとうさん、私まで暗闇に連れてかなくていいのに」と言っていた義母。
まさか、まさかね、となんとなくは思っていたのですが・・・
そのまさかが現実になってしまった。


 
 義母は若い頃小学校の先生をしていて、本とクラシック音楽が好きな人だった。
ツィゴイネルワイゼンが一番好きで「自分のお葬式にはこの曲かけてほしいんだよね~」って聞いていたので(まだ笑いながら話してた頃)、式場で流してもらった。
義母の病室にはいつも、クラシックと唱歌が流れていた。

義父の時には柔道着と日本酒を飾ってもらった“メモリアル”のコーナー。
義母には、クラシックのCDと本、それに写真。

20120103_DSC00355.jpg


漱石の「こころ」をもう一度読みたいと言っていた。
芥川の「蜘蛛の糸」もお気に入りで、これは朗読のCDを聴かせてあげられたんだけど、「こころ」は見つけられなかったのが心残り。

20120104_DSC00411.jpg


確か昭和30年ごろの写真。
昔の写真っていいね。20120103_DSC00352.jpg
 
きっと、切れない絆があったんだなぁ。


ほんとに芯の強い人だった。
人として、敬いたくなる人だった。

人の世話にならなければならないことが、どれだけつらかったことか。

もう、大丈夫。
少しゆっくりしたらいいよ、お義母さん。




ということで我が家は、元旦から来年も喪中に決定ー。

つまり来年も、可愛いぐっこの年賀状を作れないということに・・・
悲しい。


さ、次回は可愛いぐっこをたくさん載せよう♪
今年もばか親と言われようと、“うちの子一番”まっしぐら。
どーか変わらぬおつきあいをお願いいたします


<(_ _)> すみません、コメントいただいてるのにレス明日になります。
なんでかっていうと、「おいも焼けたよー」ってストーブの前でぴ~ぴ~言ってる可愛い子がいて、これから一緒に食べなきゃいけないの♪
そんなワケでご容赦ください。



| 未分類 | COM(12) |















管理者にだけ表示を許可する