12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-01-18 (Fri)
ろ・ろ・・・ろろちゃん・・・(T▽T)  ←心が虚ろで舌がまわらない



ちょっと端っこカジカジしたとかじゃなくって・・・第23巻が全損。
なんでこんな、なんでこんな・・・


娘、軽く説教中DSC06958-2.jpg
(しかしろずにはまったく伝わっていない)



なんでだー(T▽T)
本ならお母さんのが、その辺に山と積まれてるじゃないか。
借りたのはお店の袋(トートバッグのような)に入ってたのに、なんでそっちなの。。

これって、焼きそば食べながら図書館から借りてた本読んでて、ソースが“ぺしっ”とそのページに飛んだ時よりショック。
ど・どーすんだろこれ。
新しいのを買って返せば済む?
それともなにか他の賠償が発生するの?
このボロボロの残骸は・・・お返しするの?


とにかく、ちゃんと謝らなければ。
でも、なんて言おう?
どーしたんですか?とか聞かれたら・・・
うちの仔犬が・・・いや、すでに仔犬じゃないか。^^;
うちのバカ犬が・・・違う、バカは私ー。

あー、気が重い。
人から借りた本をこんなにしちゃったの、人生初です。。


もう読み返す気力もなく、かきあつめたそのボロボロも一緒に持って、次の日〇タヤさんへ。

借りた時の店員さんはいなくて(ホッ^^;)、カウンターには若いお兄さんだけだった。
ここは素直に、意を決して。
「ごめんなさいっ<(_ _)> 犬がいたずらしちゃって1冊がこんなことに・・・」と、残骸の入った袋を開けて見せた。

ドキドキしてるおばさんと対照的に、お兄さん淡々と「まず、破損の状態を確認させていただきます。」と、それを持って奥へ。
はいっはいっ、どーぞ。
・・・ってか、どう見ても直せるもんではないですから。(^-^;)

案の定、戻ってきたお兄さん、「こちら、修復が不可能ですので、お客様のお買いあげということになりますが・・・」。
はいっはいっ、もちろんですともっ。
あれっ?本の代金だけでいいんですか?
(お手間かけた分とか、本にかかってたビニールのカバーとか?)


いいんだって~! ほわわわわ~~~~ん


天にも昇る気持ちでほわほわしてたら、お兄さんが優しい口調で
「生き物なので、(本の)管理は大変だと思いますが、今後はこういったことがないよう充分気をつけて・・・」

ひぇ~~~んっ、全然大変じゃないんです、私がバカだっただけなんですぅぅ…(T▽T)
なんて優しいお言葉。
ありがたや〇タヤさん、もう絶対こんなことはしませんから~。(>_<)


DSC07211-2-2.jpg

で、いただいた領収書を持っていそいそと帰ろうとしたら、
「あ、お客様、こちら、お客様のものですので・・・」と、カウンターの上の残骸を渡された。

えっ?このゴミ?(すでに私の中では「ゴミ」扱い。^^;)

「あ?あ!そうか!私はこれを買ったんですね??」

そうかー、私はこのゴミを買ったのか・・・
と思ったら、なんだか可笑しくなって吹きだしてしまい、そしたらお兄さんも笑って「そうなんです~。」と。


帰りはツルツル路面も気にならず、ぶつかるならぶつかってこーい♪ってな気分。
助手席には買い取ったゴミ。・・・(≧∇≦)



家に帰って、さて、このゴミをどうするか・・・やっぱ捨てるよね^^;

DSC07012-2.jpg

せっかく買ったのに捨てるんだよね~・・・と思ってボーっと見つめていたら、

ろずもヘンな感じ。DSC07017-2.jpg

だって、ここまでの道のりを考えたらさ、
それに、いったい誰がこんなことしちゃったかというと、・・・


ろずーーー。誰がこんなことしたんだっけね?

DSC07014-2.jpg

・・・違います。これはろずのじゃなくて、〇タヤさんのダイジです。

DSC07016-2.jpg


ああ、何はともあれ終わった。ホッとした。
長かったこの数カ月。
いい加減、何かに呪われてる気分だった。
のだめにここまで振り回されるとは思いもしなかったけど、
とにかく終わったー。\(^o^)/


| 未分類 | COM(24) |















管理者にだけ表示を許可する