12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-01-09 (Thu)
 ピーンと冷えてきました。
夕方散歩でろず、珍しく足をあげてました。
こないだも一日だけとっても寒い日があって、朝の8時でも-10℃だったんですけど、これから数日はこの寒さが続き、雪の量も多くなりそう。
寒いのは我慢しますが、雪だけはちょっとにしてほしいな。


昨年末の話です、いつものランにお邪魔した時のこと。

DSC05016-2

自分より若いラプ君をいいようにあしらうろず。
DSC05035-2
相手のラブ君、身体はろずより大きくても動きは子供で、怒られてもひたすらひゃっほう♪タイプ。
ろずもその広いキャパで受け入れてる。

おもちゃも見せびらかし、
DSC05025-2

余裕です。
DSC05031-2.jpg


ろずが相手の口元を舐めるのは、目上に対してだけじゃなく、敵意のないことを示す行動に思える。
DSC05036-2

他にも数頭いたが、ろず、いい感じで遊べてました。
DSC05021-2


 この日は、ろずのお預かりをお願いする予行練習のつもりで行った。
お正月に実家に顔出す時、3時間ほどろずを預けてみようかと思っていて、この様子だと大丈夫そう。
心配なのは、その時によっていろんな子がいること。

ろず、キャパは広いけど、ストレスを感じてないわけではない。
ランの中にいる間はずっと、誰がいるか、どこにいるか、何が起きてるかを、しっかりアンテナ張って、状況に合わせて対応してる。
誰がいてもかまわない、あまり空気を読まないマイペースタイプではけっしてない。

過保護だろうか。
この点が気持ちの上でどうしてもクリアできない。
ろず自身がそうやってうまくやり過ごしていても、危険がないわけではない。
個人のお宅だと、そこの子とうまくできれば心配はいらないが、ランという公共?の場だとその時々で状況が異なる。

それでも「ろずなら大丈夫」と思っていいのか。
実際、何か急用があってお願いしたい場合もある。
(お葬式っていつでも急だからね)
ものすごーく悩む。


とりあえず。。
以前にも似たような経験をさせたことはあるので、多分ろずはそれほど気にせず遊んでるだろう、と予想、管理人であるKENちゃんパパにろずをお願いし、お店の中からろずの様子を撮ってみました。

以前、というのは昨年の5月10日、このランで
だいたい8カ月くらい前で、この時は、ぴー。のひと言もなく遊んでいた。

それから6月4日、あずまやさんで
ろず、困っていたのが印象的。
これが7ヶ月くらい前になるか、ってことは、ろずは1歳3ヶ月。

遊んでいて困った時に私のそばに来るようになったのは、この頃からだったろうか。


ちょっと長い(3分弱)動画です。おまけにカタカタうるさい。



こんなに気にするとは思ってなかった。
KENちゃんパパがかまってくれると、反応はするけど、それで終わり。

私を気にするのは至極いいことで、全く気にしないのは「育て方間違った」になるが、そこで遊べなくなってしまうのは予想外だった。


このろずの姿を見て、今回のお預かりは見送ることにした。

悪い印象無しにこういった経験をさせるのは、いいことだと思う。
でも、実際に私の目の届かないところで、ろずにイヤな思いをさせる気にはなれない。
この時のようないい状況下であれば、またお願いしてトライしてみよう。

DSC05028-2

| 未分類 | COM(10) |















管理者にだけ表示を許可する