123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-08-21 (Thu)
もう10年以上日本のボーダーコリーに発症しているNCL。
この病気については、鹿児島大学の大和教授がずっと研究をしてくださっていますが、発症した子達のデータから見える結果をまとめられた論文が、2012年のThe Scientific World Journalに掲載されています。
こちらはオープンアクセス・完全無料ですので、どなたでも見ることができます。

英語です。

・・・(;^_^A

英語ペラペラの方はもちろん、ペラペラでない方も、最近はマウスを置くだけで単語を翻訳してくれる機能なんかもあるので、まずは見てくださいね。

それから、獣医さんがこのブログを見ているとは思いませんが、
現在でもこの病気を発症して苦しんでいる子がいること、
今までにもCL症とわからずに亡くなっている子がいるであろうこと、
これからも身近での発症があり得ること、を考えると、
飼い主さんだけでなく獣医さん達にも是非目を通していただきたいと思います。


Neuronal Ceroid Lipofuscinosis in Border Collie Dogs in Japan: Clinical and Molecular Epidemiological Study (2000–2011)

※大和先生から、この論文の拡散については承諾をいただいています。




| CL症 | COM(5) |















管理者にだけ表示を許可する