123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-05-11 (Mon)
病院ではいつも「ローズはいい子だねー」と誉められるが、本人はドキドキで逃げ出したいのを我慢してる。

待ってる間もドキドキして
IMG_7778-2

IMG_7779-2

実際呼ばれると、ほんとに出口にダッシュするが、「こっちだよ」と言うだけで観念する。
診察台ではヨダレたれてます。


まずは体重。
これがまさかの・・・13キロ。
まっずーい
今までずっと12.5キロを維持してたのに、何が悪かったんだろ。
ごめんよろず、太らせちゃったね。
ちょっと考えようね。

診察して、予防接種して、前回1月の検査結果をもらう。
電話では聞いていたんだけど、ここに載せとこう。

(どれもクリックでちょい拡大)
20150116 (3)-2

20150116 (4)-2

20150116 (2)-2

ALPが前回と同じくらいって言ってたけど、260が209に。
正常範囲よりは高いが前回より下がってるので、ひと安心。
これで毎回上がっていくなら、次を考えなければならないけど。

ALPは分画されて、骨からなのか胆肝系なのか、とかって原因を探っていくことができる。
今はそこまでする必要はないので、また次回の検査まで経過観察ってとこだね。


それから抗体価検査の結果も。
20150116-2.jpg

毎回同じだよ。
これって、例えばジステンバー見ても、
512倍未満は低抗体価だから、接種が必要ってことだし、
512倍だと「長期の防御能を期待するには、もう少し高い抗体価が必要です」でしょ。
1024倍以上になってる子って、どのくらいいるのかなぁ。
「高抗体価」ってなってるけど、そこまで高くなくていいワケだよね。

なんか腑に落ちないわー。
どう出ても「接種しろ」と言われてるみたいで。

次、7月にまた検査するけど、今んとこ2年間ろずの抗体価は変わってなくて、1歳の時に打ったあとは年に一度は必要なかった。
打った時の身体の状態にもよるから、検査をしてることがいいのか悪いのかよくわかんないんだけど、とりあえず、「不要な予防接種」を1回は回避できた ってことね。

フィラリアの薬は2か月分だけもらっておいた。
ちょっと金欠で。^^;

ダニの予防薬の話を聞いた。
哺乳類には無害と言われても、ろずを噛んだダニがころっと逝ってしまうってのが怖い。
皮脂腺に入るのと血液に入るのがあって、皮脂腺のは手足の先まで行き届かないらしい。
ろずは今年もレニーム頼みでいこう。


ビタミンBコンプレックスを飲ませ始めて8ヵ月くらい。
その間、一度もソファーが濡れた形跡がない。
何故これが効くのかって聞いたら「わかんない。」と言われた。
ホントに効いているのか、もしかしたら気のせいじゃ?と懐疑的。

(普段の尿とは違い、ろずのは無色無臭に近い。
これ自体、ほんとに尿なのか、別の分泌物なのか。
でもお漏らしした?と思うくらいの量だから、やっぱりお〇っこじゃないのかなぁ)

だけど、「神経を過敏にする」作用があるので、膀胱周りの神経が鈍くなっての漏れに効いてるってことかもしれない、と。
人間でも、神経系の疾患によく使われているらしい。



それと、犬種鑑定の結果を先生に見せた。
すごく面白がって、「僕、これは当たってると思う」って。
「コリーかぁ、僕はシェルティって思ってたけど、シェルティだってコリーだしねぇ♪」とかなんとか。
喜んでたわ。(^o^;)


今日はいいお天気で、気温も24度まで上がったらしい。


でも明日の夕方から土曜まで傘マークが。
ありゃー。
なんとか曇りでおさまってくれないものか。


| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する