123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-06-15 (Mon)
北1条走ってたら、山車に遭遇。

IMG_0665-2

そう言えば、北海道神宮祭だった。
田舎に住んでると、遠い都のことなのよね。(笑)



午前中、近くの公園へ。

イヤそうな顔IMG_0633-2

足場がこのくらいあれば「アップ」で乗るんだわ。
でも、困って微動だにしない。


昨日の犬講座。
記事で内容に全く触れてなかったよ。^^;

犬はヒトに何を求めてるか。
ヒトは犬に何を求めてるか。

時々言われないと忘れがちよね。(笑)

昔のように「犬は単なる犬」ではなく、「家族」と言われることが多くなった。
が、この「家族」は、=ファミリーではなく、もう少し緩やかな「仲間」に近いくらいのもの。


って言われて、そうなの!とうなづく。
「家族」というのは、間違ってはいないように思えるけどどこか抵抗があったのよね。

グレースと私は1対1であって、人間の社会の中ではグレースの位置は私の保護下にあって、そうでなければ生きられないのだけど(飼い主いないと犬は生きてちゃいけないといってるようなもんだから)、
それをとっぱらったところでは、私とグレースは、あくまで私とグレースそれぞれ。だった。
(おかしい言葉だけど、通じるかしらこれ。笑)
添い遂げると言う意味では、お互いが伴侶・パートナー。
「仲間」という意味合いでは、その時々、誰といるかによってかなりフレキシブルなものになる。

ろずともそれに近い形だけど、
犬社会に精通しているローズにとっては、仲間の意識はもっといろんなところで強く出てると思う。

あれ?なんかまとまらなくなってきたな。
まぁいいや、まだ風邪治ってないし。(^^ゞ


こないだの大会で、Nikeパパがトイレに行った時、ろずはずーっとずーっと待っていた。
タープから身を乗り出して、戻ってくるまでずっと。
だって、ひとりで群れから離れたら危ないんだよ。
ろず、気が気じゃなかったはず。

これ、去年の大会の時もそうだったんだよね。
早い時期から、Nike一家を「仲間」の中に入れていた。
どのくらい会ったり・遊んだりしたら「仲間」なのか、
どのくらい仲良くなったら「仲間」なのかはわかんないんだけど。
保母さんのように、「ろじゅから離れちゃいけまちぇんよー」とか思ってたりして。(笑)

やっぱり話がズレてるわ。


あ、もひとつ。
「犬との距離」。
これ大事よねー。
自分の犬との距離をわかってない飼い主さんは多いと思う。

以上。



今日もエゾシロチョウがたくさん。
梅花空木にも。IMG_0637-2.jpg

ジャーマンアイリスIMG_0646-2
こないだの雨で倒れてしまったので、あわてて支柱刺した。

アリウム・モーリー
IMG_0648-2
と、おなじみスギナに忘れな草


そろそろ月3回ペースで足さないと、もたなくなってきたぐっちゃんのお花。
IMG_0668-2


もう、夏 だね。


| 未分類 | COM(6) |















管理者にだけ表示を許可する