12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-04-08 (Fri)
やっと体重が増えたので、検査の為病院へ。

行く途中で〇んちタイム、いつもの場所に寄ると、


数羽の群れ。
スズメより大きくって、ツグミ?

IMG_9421-2

だとしたら、もう北に帰る頃らしいから、見納めなのかも。


山もだいぶ雪がなくなってきた。
IMG_9430-2



待合室ではいつものドキドキ。
IMG_9438-2
「あちょこのドアから先生が〇〇〇さーん って呼ぶんでちょ。」

「ろじゅはこっちのドアがいいでちょ。。。」
IMG_9441-2


最初に体重計ったら、・・・ガーン。
12.1キロ。。。

変だな、10日くらい前に12.4キロまでいったから余裕だと思ったのに。
見た目も丸くなったし。
朝の絶食と〇んち1回分でこんなん減るか?
うちの体重計が悪いのか

「もうちょっと増やせる?」と言いながら、とりあえず採血はして、結果は1週間後。


それで、腕の、おそらく乳頭腫?と思われるものをどうするかで、また悩んでる。
まだ悩んでる。

今日もいろいろ話をしてきたんだけど、やっぱり手術で取っちゃった方がいいのかなぁ。
レーザーでもこの先生は全麻で行なうらしい。
もちろん局麻でやって って言われたらできないことはないし、
これが背中ならいくらでもやるんだけどね って。

局麻で、押さえつけられたり目隠しされたりってすごく怖いから、そんな精神的なストレスをろずには与えたくない。
局麻だって、あたる子はあたる。
確率的には全麻より低いかもしれないけど、どれだけ違うかは不明。
腫瘍が大きくなれば出血もかなりのものになる。
大きくなってからの手術は、皮膚移植のあと引きつりなどあるかもしれない、本人言わないだけで。


などなど、以上、先生の言葉。
もっといっぱい言ってたけど、どれもフランクに話してくれるので助かる。

あと、稀にだろうけど扁平上皮癌に変化することもある(先生はこれは言わなかった、ネットで見ただけ)。
生検しないと乳頭症かどうかもわからないんだけどね。
レーザーだとそれはできないし。

こんなちっちゃいのに、いつも血が滲んでる状態。
IMG_9442-2
できやすい子は、1個取ってもまたあちこちにできるんだろうなぁ。


これ、もうしばらく考える。
結論出せない。



前回の話で、手術の時に一緒に歯石取りも、と言われてて、
その話も(その話の方が)長ーくしたんだけど、
歯が、というか、歯周病にならないことが大事なのはよーくわかった。

現在では、かなりの病気が歯周病によるものではないかと言われていて、
特に猫では、それが解明されつつあるらしい。

ということで、歯磨き、今までより根気強くやることにする。



狂犬病の通知も来ていたので、今日一緒に打ってもらった。
それと6・7月分のフィラリアと、エキノは今月からの分を。


あぁ、頭が痛い。
財布も痛い。

| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する