12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-07-16 (Sat)
グレースがいなくなってから、毎月命日はお骨をおさめた慰霊碑のある場所へ。

ぐっちゃんは家にいるので、行かなくてもいいと思うのに踏ん切りがつかない。
そうして4年と6カ月。

今月、その日を忘れてた。

14日は夕陽を見に海に行くことしか頭になくて。

昨日思い出して、あわてて今日行ってきた。


忘れたんだから、これを区切りにしてもいいんじゃないかとも思ったのに、つい。


忘れる ってことは、私の中でグレースの存在が軽くなったってことだろうか。

この世の中の全てはなるようになる、と思ってる。
グレースとの別れだけじゃなく、あらゆることはただそこに在って動いているもので、
すべては何かの過程であり、どれも終わりではないのだと感じてる。

だから「グレースの存在が軽くなった」という言葉に薄情な自分が見えて、それを認めたくなくても、
私のいる此の世とグレースのいる彼の世が少しずつ遠くなることで、いらないものが浄化されていってると思えばいい。

ぐっちゃんと私が一緒に過ごした時間は間違いなくここに在った。



今日行ったのは、14年前の今日がグレースが赤ちゃんを産んだ日だったから。
グレースに会いたくなった。

2DSCF0064-3.jpg
          (2002年8月2日撮影)

まりんとラルフはぐっちゃんと一緒。
1号ちゃんと2号ちゃんはどこにいるのかな。
あの子たちを見つけたくて始めたブログだけど、結局見つからなかった。
生きていれば14歳。
ぐっちゃんと一緒ならそれでいい。



こんなこと書いちゃって、来月行ったら恥ずかしいな。^^;

でも来月は、ランちゃんの命日だし、なんたってお盆だし。


IMG_1320-2.jpg

行く理由も行かない理由も考えてる自分が笑える。


| グレースが教えてくれたこと。 | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する