12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-03-16 (Thu)
 3時にグレースの股関節のレントゲンを予約していた。
腎臓の検査も一緒にして、終わったのは4時半過ぎ。

 腎臓は、まぁまぁってとこ。
BUNが36、Cre1,2、IP5,6。
安定はしていると思う。
前回よりは高いのだけどね・・・。
これまでと同じようにコバルジンをもらってきた。

 それよりも体重がね・・・はぁ~。(′O`)~3
19キロ。19キロ。19キロ~・・・
やっぱりフード、もうちょっと考えないとだめかなぁ。
ずっと〇ッシュで きていたのを、少し他のも混ぜるようにしてたのよね、腎臓の件がわかってから。
〇ッシュはとにかくカロリー低くて、蛋白質もリンも脂肪も少ない。
もう少し脂肪を別物で摂ってみようと思ったのと、
ずっと同じものを使うことに、もともと抵抗はあったんだけど
他に安心の度合いが同程度のものが見つからなかったので 続けていて、
これを機に、ちょっと違うのも入れて 様子みてみようと思ったのよね。

 フードだけじゃないだろうけど。。。
いつも 夜寝る前にあげるおやつ(クッキー1個とかよっ)、
股関節にいいかと思って買ってある、グルコサミンやコンドロイチンの入っているのをあげることもあるんだよね。
そうすると、蛋白質はもちろんカロリーも高いわけだ。
でも、食事をあまりライトにしていると
良質の脂肪が少ないかなぁとか・・・これは肝臓の為に。
ドライだけだと、お皿に活性炭が残ってるのが見えるので
毎回ウェットなものも少し入れるようにしてるし。
全体として、前よりカロリーは高くなってるんだなぁ。
結果、2ヶ月弱で19キロという体重になったということは。。。
難しいよ~。

 病院大嫌いなぐっこは、待ってるあいだ
診察室で物音がするたびに ビクビク。
誰か出てくるたびに、よその子のバリの陰に隠れ、
自分の先生だ!ってわかると、私と壁のあいだに頭隠し・・・。
 「抱っこ、抱っこ」と言うんで、抱っこしたら
待合室に広がる不思議な笑い。(-_-;)
他はM・ダックスやチワワなど みんな小さい子。
マルチーズを抱っこしてるお姉さんが、笑顔で
「何キロあるんですか?」と聞くので 「19キロです」と答えた時の どよめき。
驚きと感嘆と?、何故か笑いの混じった「ぅわぁ~・・・」

ぐっこはね、仲間うちでは 小さいの。(ー_ー)

 肝心のレントゲンの話。(写真つきです)
股関節に関しては、もう一ヶ所違う病院で診てもらおうと思ってた。
でも、いつもと同じ病院でお願いしたのは・・・

JAHDに申請して、診断・登録しようと 決めたからです。

 かなり悩みました。
結果を公表するしないは、私が選べるのですが
公表しようと思ってます。
誰かが 股関節のことだけではなく、
繁殖と遺伝のことを真剣に考えて そのページを覗いてくれたら・・・。

 現在登録・公表されている子達は、きっとたくさんの子供達を残している
ブリーダーさんたちのとこの子だと思うし、
それに比べたらグレースは、出産は一度だけ、
おまけに こんな素人、というか 普通の家庭で飼われているボーダーは
他にいないかもしれないけど。
それでも、子孫を残した以上 何かの形で
「ちょっと待って」ということを 伝えたい。
ここでは伝えきれないことも、察してくれることを願って。。。

 前回腎臓のことで獣医さんと話したときに、
JAHDのことを考えている、と言ったら
多分勉強してくれたんだと思う。

 ただ、撮影がJAHDで指定された方法で行なわれなければならないので
もし麻酔を使わないとうまく撮れないようであれば、
その場合は 申請できなくてもいいと思っていた。

 かなり暴れたらしく、やはり一度めは
膝蓋骨の位置が 指定どうりには写せなかったらしくて、もう一回。
「第7腰椎と膝関節を含む」もポイント 20060316202905.jpg
(2本見える横線は、私が写真を撮ったときに
  別のものが反射してしまったもの)
20060316202921.jpg


 2度目も、完璧な写真ではなかった。
右の膝蓋骨が、やはり中心にこない。
これは、グレースの膝蓋骨が外方に脱臼ぎみな為かもしれない。と言われた。

 そしてやはり「これは(股関節もそれに伴う関節炎も、膝蓋骨部分も)かなり痛いと思いますよ」と。。。
股関節のことがわかってから ずっと気にして見てたけど、
「痛い」という動作は 一度も見当たらない。
でも 後ろ足の蹴りが、若い時のように強くないのは
年齢のせいだけではないんだろうな。
「伸び」がないんだよね。
グレースが、どんな時も自分で「痛くないように」
コントロールしている というのが 当たっているんだろう。
 前にも言われたけど 今回も
「この子は筋肉がしっかりしているから、今はそれが支えてくれてるんでしょう。
筋肉が衰えると 痛みも出てくると思います」と言われた。

 関節炎の所見も、前回と変わらず。
悪くはなっていない。
つまり、良くもなっていないのだけど。
これをどう解釈するか・・・
「サプリが少しでも効いて、進行を遅らせている」のか、
または「もともと急激に進行するものではなかった」のか。
どちらにしても、サプリはやめるつもりはないので このまま続けていく。
悪くなっていなくて良かった、と納得しよう。

 写真と血統書、申請書などを 近いうちに送る。
もしかして、今日撮った写真では診断できないといわれるかもしれないけど
大丈夫であれば、そのまま登録されることになります。
20060316222112.jpg

| グレースが教えてくれたこと。 | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する