12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-11-08 (Tue)
8月に行った抗体価検査で、ジステンバーの値が下がっていた。

20161108 (2)-2


ということで、今日は予防接種(5種)へ。

ちょっと震えてます。^^;


前回打ったのが1歳の2013年8月。
3回に1回で済んだと考えると、抗体価検査、続けてきて良かったなーと思う。

このあとは、1年以上経ってからまた抗体価検査をしてみて、それからは今までのように半年に一度じゃなく年に一度ペースでいけるかな。


血液検査の結果は電話で聞いてあったので、今日もらったデータだけ載せておく。
20161108 (4)-2

20161108 (3)-2

20161108-2.jpg


関節のサプリをもらってきたので、今度病院に行くのは春の狂犬病とフィラリア。
あ?エキノの薬、春までの分あったっけ?
あー確認しないとー。

マイクロチップの読み取りは正常。
体重は12.8キロ。
ちょっと太ったかと思ったっけ、先生「少し増えたからって痩せさせようとか思わなくていいからね」だって。
はいはい、わかってますよー。(^^ゞ


・・・鍼灸やらないかしらと聞いてみた。
そしたら「ムリムリ!僕には無理!」だって。(笑)
「ちゃんと当たれば効く子にはとっても効くけど、それは当たった子ね。犬は種類が多すぎるし、身体が違うとツボの場所も変わる」。
なんかわかるよ、この先生、「この辺りで~・・・」っての許せないタイプだと思うもん。

鍼灸の効果はしっかり信じてる。
何故かというと「東洋医学は人類が何千年も積み重ねてきた情報であり、それは科学だから」。

鍼麻酔で手術するのを見た時はびっくりしたそうだ。
その分野で有名な先生の施術だったらしいんだけど「ほんとに2ヵ所鍼を刺しただけで動けないんだよ、そして手術できちゃうの。」

それできたら、しようかどうか悩んでる手術受ける人すごく増えるよ、ろずだって受けさせちゃうよ。

でもね、それもちゃんとツボにあたれば。の話。^^;


それから「犬は流行り廃りがあるでしょ、数が少ないと当然病院に来る子の数も減るからいろんな研究が進まないんだよねー。」とも。
今流行ってる犬が、10年経ったら全く見かけなくなるってのはよくあるパターン。
ほんとに、たった200年かそこらで、同一種の中でこれだけ見た目の違う生き物をよく作ったよね。


そして最後に「どっかでやったら僕に効果のほどを教えてね♪」で話は終わった。

以上、本日の診療おしまい。


| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2016-08-16 (Tue)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
| ローズが教えてくれたこと。 |
2016-08-13 (Sat)
半年毎に受けてる抗体価検査。
昨日はそれと、フィラリア、エキノの予防薬と関節のサプリをもらいに。




いつものことで、呼ばれたら玄関にダッシュするつもり。(笑)
でもね、そんなわけにはいかないのだ。



体重は12.6キロ。
いい感じ。
走らせて絞っても筋肉がつくタイプではなく、下手に体重落とすとすぐ身体に影響が出るらしいので、今後もこれくらいをキープ。
ちょっとぷにょぷにょしてるけど。(^^;;


前回(2016年2月)11キロ台に落とした時に狂ってしまった値が1キロ増やした4月には全て回復。

その時の結果。






が、何故かGPTだけが上がってる。
これはいろんなものに影響を受けやすいので、高いからすぐに肝キが、というものでもない。
でも4カ月経っていて再検査するにはちょうどいい時期なので、今回採血するついでにお願いした。

2月に受けた抗体価検査の結果ももらってきた。

いつまでこの値でいくんだろう(笑)

検査にお金はかかるけど、不要な予防接種をさせなくてすんでるという飼い主の自負でもってチャラ。(笑)



診察中。




まだですよ。





すごいうなだれ方。(笑)



まだでした。




右前足のちっちゃいできものは、一年位前に見つけた時と変わらない大きさ。
なので、決心がつかない。


そうだ、先生今回初めて首からの採血に失敗。(笑)
ぐっちゃんの時から一度もはずしたことなかったのに、今回は「あれー、なんで滑るんだろー」って、結局前足から。
この先生の手技は美しいと言えるくらい上手なのに珍しい。
…ので、書きとめとく。(笑)



お疲れろず。
帰ってからやっと朝ごはん。



夕方、丈がぐっちゃんにもアレンジを作って持ってきてくれた。


可愛いねー、ありがとう♪
丈ママはほんとまめだわ、私の友達とは思えない。∧( 'Θ' )∧


娘とは会うの2回目かな。


最初は避難するところを探してたけど、こんなに近くに寄っておやつをもらえた。
やっぱり男の人より慣れるのが、数段早い。

いや、男の人に、そもそも慣れるのか?
丈がなんでもない男の人っていたかしら。



そのあと、娘とろずと一緒にグレースのところにお参りに。
お盆だからね。


きれいな青空だった。

ろずこはなんのことだかわかってないけど、一応ご挨拶ね。


今月はこれで良しとしよう。(^^;;


そのままソフトクリームを食べに、アルトラーチェさんへ。



上はヘーゼルナッツ、下はろずと食べられるように小林牧場のバニラ。
あー美味しい❤️

期待に満ちた顔。




娘からもバニラ部分をもらう。







盛りだくさんの一日だったからか、走ったりはしてないのに帰りの車で珍しく伏せてた。


いつもと違うところに行くって、かなり気疲れするみたい。
一日お疲れさまでした。



| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2016-04-15 (Fri)
今日先生から電話が来て、先日の血液検査の結果を教えてもらった。
2月の結果で気になったアルブミンとコレステロール。
それまでより体重が1キロ減ってることで、恐らく「栄養失調状態」であろうと思われるが、別の病気があると困るので体重を元に戻して再検査となっていた。

1キロまでは戻せなかったけど、検査時は12.1キロ。
2月の時は11.5キロ。
それ以前は12.2~12.5キロのあいだ。

結果は、アルブミンが3.1、コレステロールが164、と元の状態に近くなっていた。
たった1キロ弱の増減で、こんなに変わるのか。

先生も、
「その子その子によって違うんだけど、ローズは結果に如実に表れる体質」
「多分、標準よりちょっと太めくらいが、ローズの身体にとっていい状態なんだろう」と。


12キロ台の時は、痩せてるように見えてぷにょぷにょしてた。
11.5キロになっても、触るとそれほど痩せてるってわけじゃなくて、見た目も「これくらいでいいかなー」って思ってた。
12キロ台に戻った今、けっこう横幅あるんですから。^^;

「アスリートでも、しぼってもいい体質の子とそうでない子がいる」とも言っていた。
ろずはしぼったら身体の力がなくなるタイプってことか。
それだと何かあった時にもたないね。

体重戻して数値も戻ったので、気になってた病気の心配も考えずに済んだ。


これからろずは12キロ台キープで。




IMG_0851-2.jpg

痩せなくていいけど、太んなくてもいいんだよ。




忘れてた、さっきお知らせ来てたテレビ番組。
今夜のだけど、間に合うかな。
一応載せとく。

「ドキュメント72時間「大都会 犬と猫のシェルターで」
NH〇総合テレビ  午後10:50~午後11:15(25分)

東京・代々木の小さなビルに、保健所にいた犬や猫などを引き取って保護する「動物シェルター」がある。
これまで1300匹の動物を保護してきた。
ここにやってくるのは訳ありの犬や猫たち。
高齢で飼えなくなった人や、引っ越しで手放さざるを得ない人など、事情はさまざま。
一方で月に一度開かれる「譲渡会」には、ペットを引き取りたいという人が押し寄せる。
人とペットが映し出す社会の今を3日間見つめる。

| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |
2016-04-08 (Fri)
やっと体重が増えたので、検査の為病院へ。

行く途中で〇んちタイム、いつもの場所に寄ると、


数羽の群れ。
スズメより大きくって、ツグミ?

IMG_9421-2

だとしたら、もう北に帰る頃らしいから、見納めなのかも。


山もだいぶ雪がなくなってきた。
IMG_9430-2



待合室ではいつものドキドキ。
IMG_9438-2
「あちょこのドアから先生が〇〇〇さーん って呼ぶんでちょ。」

「ろじゅはこっちのドアがいいでちょ。。。」
IMG_9441-2


最初に体重計ったら、・・・ガーン。
12.1キロ。。。

変だな、10日くらい前に12.4キロまでいったから余裕だと思ったのに。
見た目も丸くなったし。
朝の絶食と〇んち1回分でこんなん減るか?
うちの体重計が悪いのか

「もうちょっと増やせる?」と言いながら、とりあえず採血はして、結果は1週間後。


それで、腕の、おそらく乳頭腫?と思われるものをどうするかで、また悩んでる。
まだ悩んでる。

今日もいろいろ話をしてきたんだけど、やっぱり手術で取っちゃった方がいいのかなぁ。
レーザーでもこの先生は全麻で行なうらしい。
もちろん局麻でやって って言われたらできないことはないし、
これが背中ならいくらでもやるんだけどね って。

局麻で、押さえつけられたり目隠しされたりってすごく怖いから、そんな精神的なストレスをろずには与えたくない。
局麻だって、あたる子はあたる。
確率的には全麻より低いかもしれないけど、どれだけ違うかは不明。
腫瘍が大きくなれば出血もかなりのものになる。
大きくなってからの手術は、皮膚移植のあと引きつりなどあるかもしれない、本人言わないだけで。


などなど、以上、先生の言葉。
もっといっぱい言ってたけど、どれもフランクに話してくれるので助かる。

あと、稀にだろうけど扁平上皮癌に変化することもある(先生はこれは言わなかった、ネットで見ただけ)。
生検しないと乳頭症かどうかもわからないんだけどね。
レーザーだとそれはできないし。

こんなちっちゃいのに、いつも血が滲んでる状態。
IMG_9442-2
できやすい子は、1個取ってもまたあちこちにできるんだろうなぁ。


これ、もうしばらく考える。
結論出せない。



前回の話で、手術の時に一緒に歯石取りも、と言われてて、
その話も(その話の方が)長ーくしたんだけど、
歯が、というか、歯周病にならないことが大事なのはよーくわかった。

現在では、かなりの病気が歯周病によるものではないかと言われていて、
特に猫では、それが解明されつつあるらしい。

ということで、歯磨き、今までより根気強くやることにする。



狂犬病の通知も来ていたので、今日一緒に打ってもらった。
それと6・7月分のフィラリアと、エキノは今月からの分を。


あぁ、頭が痛い。
財布も痛い。

| ローズが教えてくれたこと。 | COM(0) |